角膜の酸素が不足しないように注意

No Comments

コンタクトレンズを使うときには目の病気に気を付けないといけません。コンタクトレンズによる目の病気は色々なことが原因と考えられますが、酸素不足によって起こることが多いです。コンタクトレンズには独自に酸素が角膜に吸収されるような作りになっていますが、長時間の使用で酸素不足になってしまうということもよくあります。コンタクトレンズの長時間使用は控えて家にいるときにははずして生活するようにしないといけません。

コンタクトレンズを装着する角膜は呼吸をしています。人間の体は本来血液によって酸素が体中に運ばれていきますが、角膜には血管がないため酸素が送られていきません。角膜は直接空気の中から酸素を吸収しているのです。そのためコンタクトレンズをはめることで酸素が吸収されにくくなり、目のトラブルを引き起こす原因となるのです。コンタクトレンズを選ぶときには含水率も大事ですが酸素の透過性についても調べておきましょう。

コンタクトレンズを使用するためにはコンタクトレンズに関する基本的な情報はもちろん、目に与える影響についてもしっかりと理解しておく必要があります。目のトラブルを避けるために正しい選び方をして正しく使ってください。